info

加圧トレーニングのメカニズム

item02

加圧トレーニングとは?

 

テレビや雑誌で数多く取り上げられている「加圧トレーニング」とは、文字通り圧力を加えた状態でするトレーニングのことです。腕の付け根や脚の付け根に適正な圧力をかけて血流を制限します。この状態でトレーニングをすると、少ない負荷のトレーニングでも大きな効果が得られるのです。

 
ポイントは“適正”に加圧することで、血が止まってしまうことはありません。適正に血流を制限すると、腕や脚に血液がプーリング(滞留)していきます。 すると、行き場を失った血液は今まで血の流れていなかった場所に流れるようになります。

 
東京大学の石井直方教授らの研究を通して、このとき体はきついトレーニングを続けたときと同じ状態になっていると考えられています。この状態でトレーニングを行うと、軽い負荷でも大きな負荷をかけたときと同じ効果が、短時間で得られるとともに、通常のトレーニングでは分泌されない量の成長ホルモンなどが分泌され、ダイエット・美容・アンチエイジングなど多くの面に効果が見られるようになります。

 
→ 筋力アップのメカニズム
 
→ 血管循環向上のメカニズム
 
→ 成長ホルモンの分泌のメカニズム
 
→ 加圧トレーニングの5大効果
 
 
トップページへ戻る →

2014-03-24 | Posted in infoNo Comments » 
Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)